発売前から話題、高級エルゴノミクスマウス


現在
¥ 12644
こちらはLogicoolさんの商品。

発売前からかなり話題になっていたモデルです。

ロジクールのフラッグシップライン「MX」の名を配したエルゴノミクスマウスということで、期待が高まりますね。
アマゾンレビューでは、「これまで使ったエルゴマウスの中で最高!」との声もあります。

正面から見た写真。
この57度という角度が、手首を自然な形に保つポイントのようです。

美しい表面加工に、メーカーの気合を感じます。

問題は、お値段。
12644円という、マウスとしてはかなり高額の価格帯です。

安いのを試してからこれにするか、いきなり最高峰に挑むか。
悩みどころですね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

アームレストで疲れ軽減 EEX-DESA02


現在
¥ 4,980
こちらはイーサプライさんの商品。

腱鞘炎を防ぐためには、普段のパソコン作業時の姿勢を見直す必要があります。
肘から腕全体を机の上に置くと、手首に負担がかからず、肩こりの軽減にもなると言われています。

では、職場のデスクが狭くて腕が置けない、という場合はどうすれば・・・?

腕置き場を自前で作っちゃえ!
というのがこの製品です。


このように、机にクランプで固定して使えます。
未使用時には90度折り畳めるので、掃除の邪魔にもなりません。

アマゾンレビューは星4.5と、高評価です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

デスクや椅子に取付可能なアームレスト


現在
¥ 1,100
こちらはFocusSportsさんの商品。

デスクや椅子に取り付ける、マウス用のアームレストです。
マウス作業時、肘をしっかり置く場所があるだけで、ずいぶん腕の疲れは軽減されるといいます。

オフィスの机がせまくても、これぐらいなら取り付けられそうです。
自宅が狭くて大型の机が置けない人にもおすすめです。


このように回転するので、邪魔になりません。
アマゾンレビューは星4.0と、なかなかの高評価です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

パソコン向け手首サポーター


現在
¥ 1,080
こちらはテルコーポレーションさんの商品。

手首サポーターはいろいろなメーカーからリリースされていますが、パソコン作業用となると、あまりガチガチに固定するタイプは使えません。
厚みがあるものも、マウスが握れなくなるのでNG。

こちらの製品は、メーカーがパソコン向けを謳っているだけあって、程よい厚みとホールド感。
また、手首だけでなく指までカバーしているのがポイントです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

評価の高い手首サポーター


¥ 1,620
現在
¥ 1,190
こちらはバンテリンサポーターさんの商品。

手首を固定するサポーターです。
アマゾンでのレビューが星4つと、評価の高い製品です。

程よい厚さで、パソコン操作のじゃまになりません。
指までカバーするテルコーポレーションの製品と比べると、こちらはホールドするのは手首のみです。
現在の痛みの状態によって、使い分けるといいと思います。

色展開が豊富なのもポイントです。
ブラック・ネイビー・ホワイト・ライトグリーン・ライトピンク・ライトブルー・ライトイエローの全7色!

サイズが「ふつう・大きめ・小さめ」の3種類あるので、買う場合はお気をつけください。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

エルゴノミクスなのに安い PERIBOARD-512BUS


現在
¥ 4,999
こちらはペリックスさんの商品。

今のところ、エルゴノミクスキーボードでは最安値なのがこちら。
そうはいっても、​左右分割型のキー配列、手首を自然な形状に保つ3Dデザインと、基本は押さえています。


写真を見ての通り、がっつりと大振りですが、まあこれは仕方ないですね。
海外のアマゾンレビューでは星4.5と、高評価です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

トラックボール付きのエルゴノミクスキーボード


現在
¥ 8,055
こちらはサンワサプライさんの商品。

ご覧の通り、リストレストの中央にトラックボールが付いています。
簡単な操作ならマウスに手を伸ばさずに行えますので、手首への負担が軽減されそうです。

値段も8000円程度と、人間工学系キーボードの中では安い部類です。
トラックボールがついてないモデルなら、もっと安くなります。

こちらは2018/8/24現在、5,378円です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

特徴的な形状、5KV-00006


現在
¥ 5,673
こちらはマイクロソフトさんの商品。

人間工学といえばここ、というぐらい、マイクロソフトはこの手のデバイスをたくさんリリースしています。

こちらはテンキーが分かれているモデル。
そうはいっても、かなり場所を取るデザイン・・・というのは、見ればわかりますねw

エルゴノミクスキーボードの中では値段が手頃なので、まずはこちらから試してみるのもいいかもしれません。

人間工学マウスとセットのモデルもあります。

値段は10000円強と、こちらも手頃な価格です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

完全に分離する、エルゴノミクスキーボード FK403QPC


現在
¥ 28,588
こちらはMatiasさんの商品。

完全分離型のキーボードです。

人間工学系のキーボードは数あれど、ここまではっきりと分離するモデルは珍しいです。
分離する場所もかっこいいですよね。真ん中じゃなくて、いい感じに斜め(笑)

最近少なくなってきた、しっかりとしたクリック感のあるキーボード。静音性にも配慮しています。
変わり種でお値段も張りますから、気軽に買えるものではないですが、長く使えそうですし、満足感は大きいかも。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

静かなのに確かなクリック感の小型マウス


現在
¥ 1199
こちらはVisentaさんの商品。

モバイル用の小型マウスでも、静音タイプが増えてきました。
タッチパネルディスプレイやスマホの普及によって、かえってマウス特有のカチカチ音が気になるのかもしれません。

こちらは「静かなのに確かなクリック感」が売りのマウス。
アマゾンレビューでは、満点の星5つの評価がついています。


見ての通りかなり小型ですので、手の大きな人には不向きかもしれません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest