長時間のマウス・キーボード作業から手首を保護する、リストレスト

listrest-top

当サイトでは、腱鞘炎や手首の痛みに悩む人向けのマウスを紹介しておりますが、ここではその延長として、リストレストを紹介したいと思います。

リストレストは、マウスやキーボードを操作する際に手首を保護する製品です。手首が机に接地する部分が痛くて悩んでいる方には、一考の価値があるかと思います。

※ 合わせてこちらもご覧ください
→ 腱鞘炎予防マウス の記事はこちら

スポンサードリンク


Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録

サンワサプライ 低反発リストレストミニ TOK-MU2N



2016年04月17日 現在
¥ 533

小さめサイズのリストレストです。
このサイズなら、職場のデスクが狭い人でも使いやすそうです。
使い方はこんな感じ。


表面がざらざらしていて固めのウレタンを使っているため、長時間使っていてもへたりにくい(レビューには、一年以上使っているという人も)のですが、反面、その固さが苦手、という人もいるようです。
そういう方は、次に上げるエレコム pgel EX ハンドレストの方がいいかもしれません。

アマゾンレビューは星4つと高評価。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・長時間使ってもへたりにくい
・値段が安い
デメリット
・表面がざらざらしている
・固い

エレコム pgel EX ハンドレスト MOH-014


2016年04月17日 現在
¥ 1,291

素材にゲルを使ったリストレストです。
メーカー曰く、「赤ちゃんのほっぺのようなプニプニした触感」とのこと。
レビューによると、手首を柔らかく、しっかりと固定してくれるようです。

使用イメージはこんな感じです。


使い心地はマウスの高さにも影響されるようで、大きめのマウスと相性がいいようです。
低めのマウス(AppleのMagicMouseなど)の場合には、後に紹介するELECOM FITTIO マウスパッド Lowなどの方がいいかもしれません。

アマゾンレビューは星4つと高評価。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・柔らかい
・デスクにピタッと張り付き固定される
デメリット
・表面が冷たい
・汗っかきの人はべたつく

色は、白、グレー、水色の3色。
いずれもポップな色合いです。

エレコム 疲労軽減リストレスト ”COMFY” ソフト MOH-013


2016年04月17日 現在
¥561

小型のリストレストです。
見ての通り、表面に凸凹が付いていて、通気性を確保しています。
汗っかきの人には良さそうですね。

アマゾンレビューは星3.8。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・表面の凸凹でムレにくい
・値段が安い
デメリット
・固い
・大きさの割に高さが高い

同じシリーズで、マウスパッド一体型のモデルMP-095もありますので、それも後ほど紹介します。

サンワサプライ 低反発リストレスト付きマウスパッド MPD-MU1N


2016年04月17日 現在
¥ 1,138

リストレスト付きマウスパッドです。
先ほど紹介したTOK-MU2Nと似た素材のようですね。

ウレタン製で、柔らかく手首を保護します。
そこそこ大きいので、マウス操作の自由度もあり、使いやすそうです。



アマゾンレビューは星4.4と、かなりの高評価。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・リストレストのフィット感がよい
・マウス操作がしやすい
デメリット
・大きいので場所を取る

同じシリーズで、キーボード用のものもあります。
使用感が気に入れば、同じシリーズで揃えるのがいいかもしれません。

色は、黒、青、赤の3色。
いずれもシックな色合いです。

ELECOM FITTIO マウスパッド Low MP-115


2016年04月17日 現在
¥ 1,631

リストレスト付きマウスパッドです。
リハビリセンターとの共同開発とのことで、さまざまなこだわりが盛り込まれています。


手首の負担は減りそうですが、反面、パッド部分の質が悪いとのレビューもあり、このあたりはユーザー側で工夫が必要かもしれません。

アマゾンレビューは星3.8。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・リストレスト部分の質が高い
・リハビリセンターとの共同開発
デメリット
・パッド部分の質が悪い
・冬は冷たく夏は蒸れる

ここで紹介しているのは「Low」タイプで、「High」タイプも有ります。

使用するマウスや手の大きさに合わせて、適した方を選べます。
色は、黒、白の2色。

エレコム 疲労軽減リストレスト一体型マウスパッド ”COMFY” ソフト MP-095


2016年04月17日 現在
¥863

リストレスト付きのマウスパッドです。
先ほど紹介したMOH-013と同じシリーズですが、こちらの方がレビューの評判は高いです。

listrest


アマゾンレビューは星4.2と、高評価。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・表面の凸凹でムレにくい
デメリット
・固い
・大きいマウスだとはみ出る恐れあり

リストレストとマウスパッド部分が分離しているタイプも有ります。

またこちらも、同じシリーズでキーボード用があります。

iBUFFALO マウスパッド リストレスト一体型 低反発タイプ BSPD11


2016年04月17日 現在
¥409

リストレスト付きのマウスパッドです。

こちらのポイントは、なんといっても安いこと。
アマゾンの合わせ買いなら、409円という安さです。
ちょっと試してみたい、という人にはちょうどいい価格ですね。


アマゾンレビューは星3.8。
メリット/デメリットは以下の通り。

メリット
・安い
デメリット
・使い始めは臭いが強い
・却って手首が痛くなる、とのレビューあり

レビューが星5つから星1つまでまんべんなく分布していることから、かなり個人差が大きいようです。
色は黒、グレー、ピンク、青の4色、いずれもポップな色合いです。

製品選びのポイント

いかがだったでしょうか。

どのモデルにも言えることですが、かなり個人差が大きい製品です。
フィットした人は絶賛、合わなかった人はケチョンケチョン、というレビューが多く見られます。

製品選びのポイントとしては、

・普段使用しているマウスの大きさ/高さに合わせた製品を選ぶ
・汗っかきの人は、表面素材が合皮のものは避ける
・敏感肌の人は、自分にあった素材のものを選ぶ

などがあげられます。

値段の高いものがその人にフィットするとは限らないので、当たりが出るまで安いものから試していく、というのもありかと思います。
参考になさってください。

※ 合わせてこちらもご覧ください
→ 腱鞘炎予防マウス の記事はこちら

スポンサードリンク

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest